Coffee break その 1.道具のお話し

フィールド整備をDo it すると決めた時にどんな道具が必要か?...
最初に用意したのが『刈払機』で現地の作業してから潅木の多さに今更ながら気が付いて、
次に手に入れたのは『チェーン・ソー』
最初は、何を基準にして良いか全く判らず。
予算から選定したのがコレ!!
メーカーの選定基準は単に「日立」のブランド。
機種は、CS35EC3、排気量32.3cc .バガイドー長 350mm
f0202458_20332772.jpg

でッ、実際現地で作業をしてみて実感。
この程度の排気量では幹径20㎝程度までは、余りストレスを感じず切断出来るが、
これ以上の幹径になるとエンジンの過熱がハンパない。
例えると近所のコンビにまで原チャリで行くのは超楽チン、
しかァ~し、少し長めの距離を、それも国道クラスの道を行くとなると
スロットル全開、オーバーヒート寸前?
(ピークを過ぎると、いくらスロットルを空けても回転が下降していく様子が歴然)
ヒシヒシと感じる。そんな感じッ!!
でッ、Webで遅まきながら『チェーン・ソー』をお勉強してみました。
林業に携わる方達の愛機、国産ならゼノア(ワタクシ、それまで全く認識の無いブランド。
日曜大工機器で著名なリョービ、マキタは庭仕事程度の範疇らしい。)、
外国製はスチール(STIHL)製が多い。
次に市場価格のリサーチ。
ここで愕然!! 排気量50cc前後の製品は軽く10万over,これはイケマセン。
全く予算が立ちません。
でッ、思い立ったのがオークション!!
送料込みで諭吉さん2枚程度でお釣りの来るSTIHL023AVを入手。
排気量40.2cc.バガイドー長 400mm
f0202458_2133671.jpg

使ってみると、明らかにパワーの差を感じます。
(ソーチェーン、プラグのみワタクシの拙い器量で交換しました。)
しかし、この固体は燃料もしくはオイルが漏れる不具合が...判明。
燃料、オイルの残量を残したまま、保管していると漏れが確認されます。
Web検索で修理先を探してみましたが製造年度が古く(昭和58年製)、
とうの昔に部品供給が停止。
とのことで修理不能。
まァ、燃料もオイルも稼働中は漏れないので「良しッ」として使用継続中。
更に、でッ、のつづき。
高排気量の使い勝手に気を良くして
更なる機種を「実動」のキャッチフレーズを信じて駄目元でゲット!!
排気量51.0cc 機種名032AV (023AVと同年代の機種)
f0202458_21313880.jpg

この固体、配送された直後にエンジン始動、アイドリング確認OKでした。
Webで入手した英文マニュアルの絵より判断して、
どうやらハンドブレーキの部品が一部、欠品しているようでハンドブレーキ不能。が判明。
更なる、しかァ~し、オークション出品者の常、「画像で判断してください。」の文言にて納得。
直近の「作業日誌 その7」の2週間ほど前に手元に届いていたのですが現地入り
前日、始動確認した際に始動せず。お蔵入り決定!!かと思ってました。
がッ、続きがあります。
Facebookで目に留まった新潟のショップ『プラウ長岡店』さんで023を修理の記事。
メッセージで問い合わせすると担当の「柳」さんより修理受付OKのご返事。
結果はメデタク修理完了。
※FBにアップされた『名機復活!! 切れ味バツグン!!』のご報告。(記事の転用。)
f0202458_2233156.jpg

燃料タンクの底部に劣化オイルのオリ除去。
f0202458_2232043.jpg

燃料フィルター新規交換。
f0202458_223658.jpg

エンジン燃焼室内スラッジ等のクリーニング。
f0202458_2225169.jpg

電圧チェック。
f0202458_2223419.jpg

キャブレター調整&出力調整。
f0202458_222247.jpg

『プラウ長岡店』さんのFBに出会えてラッキー!!
現行機種の部品流用や、
現状での可能な限りのメンテで旧式不動マシンを現役復帰いただき感謝!!であります。
修理後の032AVの活躍の様子は、次回「作業日誌 その8」でご報告の予定。

[PR]
# by bow-wows-fam | 2014-09-08 21:07 | アウトドア | Comments(0)

作業日誌、その7

週末の天候が不安定だったりWanさんとお遊びだったり。と、
現地は、略2ヵ月ぶり。
今回は、お供(Mamaさんと何時ものお三方)も一緒で
雨が予報されてた17日(日曜日)はMamaさんの希望でアウトレットで買い物。
往路の羽生SA。ご休憩のお三方。
盆休み最後の日曜日とあって下りはスムーズ。
f0202458_17251793.jpg

ガーデンアウトレットの画像はこれだけ。
f0202458_17252318.jpg

初めて訪れたキャンプ場『おだぎりガーデン』到着。
f0202458_1727618.jpg

施設内の構築物は全て管理人「おだぎり」さんの手造りだそうです。
f0202458_17272050.jpg

f0202458_17263062.jpg

f0202458_17263531.jpg

f0202458_17253157.jpg

17日、ワタクシ達のお泊りは、こちら。
Wan連れなのでツリーハウスは諦めて
平坦に建てられた小屋(案内図ではコテージとありました。)をチョイス。
夕方~夜間に降雨の予報(実際18:00頃から霧雨、21:00過ぎには本降り。)
画像では判りませんが6畳程度の小屋(この呼称の方がピッタリの感じの建物。)に、
敷地内に流れる小川を跨いで屋根が掛けられたテラスが付いてます。
大島の整備が一段楽したら、こんなの建てて見ようかなッ!!
f0202458_17263749.jpg

前泊のキャンパーが残したらしい薪が在ったので焚き火。
道筋のスーパーで調達の食材で夕食を済ませ、
近くのホテル「フロラシオン」の立ち寄り湯に行って22:00頃には就寝。
f0202458_17265998.jpg

翌、18日(月曜日)は、気持ちの良い朝。
f0202458_17272515.jpg

朝食を済ませて大島の現地へ。
午後の降雨確率40%とのことで除草剤の散布は中止。
立ち木の伐採に専念。
今回はギャラリー?(笑...ご同伴なので
(特にMamaさんは、アブ、ブヨの類に弱い。)
短い時間で効率良く、伐採樹木の集積、
切り株の切り詰めは株元の直径が20㎝未満程度のヤツだけにして、
大方は次回にすることにしました。
f0202458_17292424.jpg

未舗装町道の両端が除草(草刈)されている。
那須町がやってくれたのでしょうか?...
ありがたい。ことです。
f0202458_17274521.jpg

f0202458_17273533.jpg

作業の成果
f0202458_1728792.jpg

f0202458_1728199.jpg

f0202458_17275366.jpg

f0202458_17281389.jpg

f0202458_17282028.jpg

f0202458_17282842.jpg

f0202458_17283592.jpg

f0202458_1728413.jpg

f0202458_17284986.jpg

f0202458_1729595.jpg

f0202458_17291170.jpg

f0202458_17291750.jpg

f0202458_17285827.jpg

9:00 ~14:30までの作業で先ず先ずの内容。
この後、速攻で機材を片付け、昨夜もお世話になったホテル「フロラシオン」の立ち寄り湯へ。
(画像はホテルHPよりお借りしました。)
お盆明けの月曜日とあって、浴場の様子は略、画像の通り、貸切の雰囲気。
本当にユッタリさせていただきました。
Wan連れNGなんですが宿泊してみたい施設。
立ち寄り湯、お勧めデス。
f0202458_20432625.jpg
f0202458_20431298.jpg
f0202458_2043342.jpg

お風呂の後は、食事。
今回は、Mamaさん、Wanさんもご一緒。
Wanさんも同席できるテラスのあるチーズ・ガーデン併設の『しらさぎ邸』にしました。
f0202458_17293244.jpg

f0202458_17293895.jpg

f0202458_17294556.jpg

f0202458_1730611.jpg

f0202458_17301498.jpg

f0202458_21173096.jpg

ショッピングとお風呂&食事にMamaさんのOKがいただけましたので、今回の那須は二重丸!!
先ずは、愛でたし、目出度し!!

[PR]
# by bow-wows-fam | 2014-08-19 16:07 | アウトドア | Comments(0)

作業日誌、その6

<div style="text-align: center;"><b>5月31日(土)、6月1日(日)で今年、2回目の作業。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>午前10:20現地着、<br>今回も羽生付近で事故渋滞。<br></b></div>
f0202458_093560.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>前回、4月下旬の時は冬景色だったのにスッカリ、新緑の現地。</b></div><div><div style="text-align: center;"><b><br>昨年、農協のオバちゃん(失礼)のアドバイスで</b><b>除草剤</b></div><div style="text-align: center;"><b>(篠竹に効果が高いというグリホサートという成分の薬剤。</b></div><div style="text-align: center;"><b>成分は地中で微生物により分解されるので耕作地内にも使用している。と、農家の方のお勧め。)を</b></div><div style="text-align: center;"><b>散布した路肩部分には雑草が見られずスッキリしてます。<br></b></div>
f0202458_095821.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>因みに、下の画像は未散布の路肩。</b></div></div><div><div style="text-align: center;"><b><br>効果のほどが確認できたので次回は、敷地内も含め除草剤の散布に励んでみることにします。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>刈払機を使う労力に比べるとお手軽なので。<br></b></div>
f0202458_0161535.jpg
<br>
f0202458_0135548.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>今回は、図の範囲で立ち枯れた幹と間引き、倒木の始末。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>ユンボの通路確保に幹間が3m程度になるように間引きから。<br></b></div>
f0202458_0134365.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>水分を含んだ幹は想像以上に重たい。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>一人作業なので目分量で3m程度に分割。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>そして、敷地隅に集積移動。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>かなり、キツイ。<br></b></div>
f0202458_012495.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>そして、地表近くで切り株を切詰め。</b></div></div><div><div style="text-align: center;"><b><br>1本処理するのに6~7回程度チェーンソー作業。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>イメージして、覚悟はしていたもののシンドイの極み。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>頭は若い、されど筋力、体力ともに歳なり(笑)を実感。<br></b></div>
f0202458_013312.jpg
f0202458_0132012.jpg
f0202458_0131022.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>立ち枯れしてない幹は、どれも15m前後の幹長。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>2箇所程度分割しては休憩しつつの作業。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>木立を通る風が心地よいので助かりました。<br></b></div>
f0202458_012401.jpg
f0202458_0122963.jpg
f0202458_011493.jpg
f0202458_0113973.jpg
f0202458_0112864.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>画像のような、不成形に幹下近くより幹別れしているものも伐採しました。<br></b></div>
f0202458_0111667.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>立ち枯れしている細い木立。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>もち、伐採。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>離れて敷地内を撮ると何処を伐採したのか...という程度の作業ですが、</b></div><div style="text-align: center;"><b>2日目になると敷地内の地表に陽光が差している部分が広がっているので成果を確認。<br></b></div>
f0202458_010224.jpg
<br>
f0202458_016541.jpg
f0202458_015497.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>今回の成果。<br></b></div>
f0202458_0153423.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>此方は倒木の集積。<br></b></div>
f0202458_0152179.jpg
f0202458_015973.jpg
f0202458_0145686.jpg
f0202458_0144531.jpg
f0202458_0143357.jpg
f0202458_0142126.jpg
f0202458_014919.jpg
<div style="text-align: center;"><b><br>2日目は、15:00にて作業を切り上げ、日帰り温泉に寄ってマッサージ。</b></div><div style="text-align: center;"><b><br>梅雨を迎えるので次回は7月かな?...</b></div></div>
[PR]
# by bow-wows-fam | 2014-06-03 00:58 | アウトドア | Comments(0)

作業日誌 その5

26日、今年初めての那須へ。
蓮田を過ぎた辺りでこの光景。
8:30amに出てきてこの時、11:45am
昼頃には現地に着きたい。と思っていたのに...
f0202458_20282226.jpg

路肩の軽自動車
車体を残すのみで全焼してました。
f0202458_20283133.jpg

14:30 現地、到着。
陽が長くなっているので3時間程度は作業できそう。
積雪のあるこの辺は、雑草の芽吹きも無く未だに冬景色。
f0202458_18231460.jpg

花の開いた「蕗のとう」が春を感じさせてくれてます。
f0202458_18234771.jpg

今回は、繁茂している篠竹未手入れ部分の刈払い。
倒木の片付けと、立枯れしている雑木の伐採。
f0202458_1824953.jpg


f0202458_18242691.jpg

3時間ほどで篠竹の9割方、刈払い完了。
敷地を分ける水路が見渡せる様になりました。
この後は、
日帰り温泉「那須山」にて入浴、食事&マッサージ。
f0202458_1826293.jpg

翌日、早朝に近所の「白山神社」で桜。
この連休が見頃の様子。
f0202458_18245741.jpg

f0202458_18251021.jpg

f0202458_18282644.jpg

f0202458_1827404.jpg

2日目の作業開始。
倒木を片付けて残りの篠竹を刈払います。
f0202458_18281347.jpg

比較的細い部分を3日からのキャンプ用の薪に玉切りにしてみました。
太い方が火持ちが良いのですが、何せ重たい。(笑
f0202458_2144395.jpg

午後からは、刈払いした篠竹、倒木、伐採した雑木等を数箇所に集積。
f0202458_18275981.jpg

f0202458_18284710.jpg

f0202458_18283797.jpg

水路で3分割されている町道沿いの約870坪、篠竹刈払い完了。
敷地全体が見渡せる様になりました。
f0202458_21105954.jpg

町道沿いの凹凸部分に残土を入れて駐車スペースを造成したい。
予算の都合で先送り。
f0202458_18273162.jpg

f0202458_18253858.jpg

次回から、敷地内に重機(ユンボ)が入れられる様、雑木の間伐と倒木の撤去に励みます。

[PR]
# by bow-wows-fam | 2014-04-28 20:54 | アウトドア | Comments(0)

BARREL STOVE

現地の降雪を考慮、12月~3月までは作業はOFF。
Webで気になっていたバレル・ストーブのキットを取り寄せてみました。
本体価格と送料が略、同額。
船便の設定が無い様で(有るのかも知れませんが英語のサイトは解りません)...
200Lのドラム缶を2ツ重ねるキットです。
f0202458_18402638.jpg

画像、上の縦長のパッケージがドラム缶の下段と上段を繋ぐ脚と煙突の基礎部分のセット。
下のほぼ、正方形のパッケージが下段の脚と薪の投入口の開閉蓋
and上段のドラム缶を連結する排煙ダクトの基礎部のセット。
現品を確認すると上下の連結にアダプターとなる短い煙突状の部品?も必要かも?...
f0202458_18404475.jpg

現地の作業で伐採した篠竹や潅木の焼却と冬場の暖を取る野外ストーブにしようと思います。
野外設置だとスチール製のドラム缶は腐食が考慮されるので
ステンレス製のドラム缶をWeb検索してみた。
これが結構なお値段...
まッ、何れにしても、未手入れ部分の伐採も4月以降の作業をしてみないと
整地作業も出来ませんので暫くの間は組み立てられません。ねッ。
f0202458_18435721.jpg

[PR]
# by bow-wows-fam | 2014-01-28 21:28 | アウトドア | Comments(0)