人気ブログランキング |

作業日誌 その30

8月5~7日
今回、早めの夏休みにしてMamaさん、Bikini、B-Ginn & お孫ちゃんも一緒。
朝はユックリ出てきて4 時間弱でべース地、おだぎりガーデン着。
先ずは、テントの設営。
f0202458_20404314.jpg
f0202458_20410495.jpg
軽く昼食を済ませてワタクシだけで現地へ。
敷地境のコンクリ-ト杭傍に植樹の松の苗木4株、
他に桜6株と花桃9株。
f0202458_20411333.jpg
水路際に移植作業をしていると
随分とお久し振りにお坊ちゃま(長男)到着。
数年振り、でも、作業はしません。(笑
f0202458_20420407.jpg
最初は、境界石際に松の苗木を移植。
近隣の樹木は略、楢と山桜だけ。
旨く、育ってくれれば将来、地境を目視で大凡の確認が
できるかと...
f0202458_11083072.jpg
f0202458_21122729.jpg
f0202458_21151234.jpg
大方、持参の苗木の移植が済ませて
前回、篠竹刈りを済ませた所の大樹化した蔓の始末にかかります。
先ずは、コレから。
真ん中の樹に絡んでいるヤツ。
f0202458_21425209.jpg
手引きの鋸で数箇所切れ込みを入れて
除草剤を原液のまま垂落ちる程に塗布。
f0202458_21445914.jpg
f0202458_21472637.jpg
お次は、此方の山桜の大樹。
画像、上部で二股に分かれている左側が枯死状態。
このまま切断すると蔓が生きてる右側の枝にも延びているので
宙ぶらりんの状態で釣れ下がることとなりチョッと危ない。
f0202458_21481254.jpg
画像の全部が蔓の幹。
右部分は分かれている処で切断しました。
此方も、鋸で深く切れ込みを入れて充分に
除草剤を塗布。
f0202458_21522799.jpg
初日は、午後からの作業でしたので此処で終了。
べースの『おだぎりガーデン』へ2台で向かおうとした矢先、
切返しで、お坊ちゃまのアルファードの右前輪がスタック!!
即、JAFへ救援依頼。
「早くて19:30頃が現地着の目安」との返事。
Mamaさんへ、状況説明のTELしてJAF待ち。
予定より40分ほど早く来てくれましたが
町乗りエアロ仕様で、とんでもなく時間が掛かってしまい
丁重な作業を繰り返すスタッフさんには頭が下がります。
アリガトウでございます!!
f0202458_20423163.jpg
でッ、2日目
初日、2日目共に避暑地とは思えない湿度の高い夏日!!
Mamaさん、お坊ちゃま and お孫ちゃんは、
B-Ginn を連れて『りんどう湖ファミリーパーク』へ。
お年寄りのBikini は、ワタクシと一緒に作業地へ。
標高が高いので作業をしなければ湿度も低く、適温。
f0202458_19103656.jpg
水路に居たアカガエル
f0202458_19100242.jpg
2日目の作業は、町道際の草刈からスタート。
f0202458_19112915.jpg
次回は、除草剤の散布しなきゃね。
f0202458_19121364.jpg
f0202458_19115323.jpg
作業を始めて2時間程して小休止後、
刈払い機のエンジンが始動せず!!
プラグを外して清掃してもみましたが復活せず!!
作業終了!!
f0202458_19122832.jpg
此れまで移植した苗木の見廻りしてみました。
柑橘系は当地は寒冷地なので不適の様子。
春から秋にかけて少しばかり生育した幹も枯れ死する様子。
根付いている様で根元より若葉が出てます。
f0202458_22542019.jpg
昨年の桜、枯れ死してます。
移植の場所と根付くまで、移植後の雨量が関係している様子。
f0202458_22544778.jpg
前回の桜。
水路の水で捕水しておきます。
他は、花桃の定着率が良かったです。
花桃は幹の直下に根が伸びるので乾燥に強い様で枯れ死ゼロ。
刈払い機のアクシデントで予定がチョッと狂いましたが
2日目も4時前に終了。
f0202458_22551105.jpg
翌、3日目は早めにテントを収納してMamaさんの買い物にお付き合い。
昼食を済ませて午後いちで帰路に。
渋滞にも遭わず帰着。
避暑地らしからぬ炎暑の3日間でありました。
f0202458_00575168.jpg














# by bow-wows-fam | 2019-08-21 01:12 | アウトドア

作業日誌 その29

連休中日に北関東の天候が回復との予報
急遽、4.5の2日間で那須行き
渋滞が気になりましたが4日7:00amに出て
那須高原ICを10am前に通過、
途中、スーパーで飲み物、氷などを調達して10:30am現地着
今回、MamaさんがWan友と旅行中なので
Bikiniさんにつきあってもらいました。
新加入のB.Ginnさんは、お世話が大変なのでお留守番。
ダニ避けの薬を忘れたので藪に入れないよう
繋がれてるのが不満気。
f0202458_21151181.jpg
去年、移植した桜の苗木が抜かれてましたが
最近、抜かれた様子で葉が枯れきってなかったので植え直してみた。
根付けばラッキー!!
毎度のつまらないイタズラ?にメゲテも居られない。
f0202458_21135628.jpg
チョッと、度が過ぎてるのは
この、違法投棄!!
道路際に散乱する農業用ビニールシ-トと、
農業用肥料の袋の山!!
昨年、夏頃に投棄されたモノ。
作業用と思われるゴム長靴等も混じってます。
f0202458_21192296.jpg
幹に凭せ掛けた袋は、飛散していたビニールシ-トを集めたモノ。
f0202458_21310485.jpg
栃木県開拓施肥合理化研究会
栃木県開拓農業協同組合連合会の表記がハッキリ認められます。
この地の近隣、農家が関与しているのは明白!!
自治体へのゴミ処理料を惜しんだ農業従事者が直接投棄
農家から廃棄依頼を受けた業者が廃棄場への処分費を節約した?
過去にも何度が記述している様に
周辺(未舗装の町道に接している)は、昭和40年代に開発された別荘地。
現況は、廃別荘地であり建物らしきモノは
町道を600m程、奥に入った処にあるブロック造りのポンプ小屋だけ。
篠竹等の刈込みをされた、管理されているらしき区画も数箇所のみ。
単に、投棄を目的とするなら人目に付かない場所が幾らでも...
嫌がらせ!!か...???
那須町に相談してみようかなッ
f0202458_21314808.jpg
2年程前に種を植えてみましたが発芽しなかったので
水路際の斜面に土留めになるよう
花桃とローズマリーの苗木を移植。
以前、移植した柑橘系は寒冷地に向かないようでしたので
ローズマリーは、枯れるかも...
f0202458_21332017.jpg
ローズマリー(試しに2株、植えてみた)
f0202458_21334868.jpg
紅葉する(名前を失念)何とかを1株。
f0202458_21383128.jpg
f0202458_15081301.jpg
これから夏に向うと、この町道際にビッシリと雑草が繁茂してきます。
f0202458_21391213.jpg
今回の作業のメインは、二つの水路に挟まれた丘状の斜面の篠竹刈り。
f0202458_21402770.jpg
休憩時に丘の頂上より町道(中央上部の白く抜けている箇所が町道)方向を望む。
f0202458_21413838.jpg
手前の水路際より丘へ続く斜面の作業途中の画。
f0202458_21420890.jpg
f0202458_21423207.jpg
だいぶ見晴らしが良くなって来ました。
f0202458_21434408.jpg
f0202458_21473044.jpg
f0202458_21503448.jpg
2日間の成果!!
日付の入っている辺りの窪んでいる部分が水路。
f0202458_21425853.jpg
2日間共に気温も程よく大汗かかずに作業日和。
惜しむらくは体力が年々落ちてきたのが如実で休憩回数が増えて
作業効率悪し(笑
初日、二日目共に陽のある4:00pmにて作業終了。
渋滞を避けるため、日帰り温泉にてマッサージ、夕食を済まして
休憩スペースでゴロゴロ時間調整して帰宅。



# by bow-wows-fam | 2019-05-20 15:25

作業日誌 その28

今回は、11月23.24日の1泊2日
f0202458_17093512.jpg
前回、仮払ったままの水路に被さった状態の篠竹。
中央の祠状の部分が水路。
落ち葉が大量に積もって水深の浅い部分は埋まってますね。
中央上部の赤いのは休憩時に使用の折りたたみ腰掛。
f0202458_17091958.jpg
初日の2時間程度の作業で
この腰掛の左端、水路際に境界石ありました。
f0202458_17095297.jpg
小休止して、右側の藪を水路(A)に向って仮払い開始。
毎回のこととはいえ、倒木と
地表に散在している朽木状の枝を取除きながらの作業。
f0202458_17101338.jpg
f0202458_17105550.jpg
小一時間の作業の成果。
振返って観ると
距離にして10m程度かな?
f0202458_17104559.jpg
2、3m進んで
仮払った篠竹や小径の雑木を集積しながらの繰り返しで
水路(A)を目指してます。
f0202458_17111026.jpg
画像、中央太目の木立の際辺りの向こう下が水路(A)
3時間程度の作業で町道に停めた車が目視できた。
f0202458_17112441.jpg
水路(A)の前回作業周辺を広げて刈払い。
f0202458_17113312.jpg
集積作業は、時間をとるので作業効率を優先。
チップソーの軌道の妨げになる程度を除けてます。
f0202458_15455127.jpg
今回の作業箇所
f0202458_17114424.jpg
前回、移植した名栗の紅葉。
根付いたようで赤く染めた葉を付けてました。
またぞろ厄介な人に抜かれないよう願ってます。
f0202458_17115637.jpg
f0202458_17122398.jpg


今回、作業のメイン箇所
水路(A)側から水路(B)側へ
この季節、外気温が動かずに居て肌寒さを感じる程度が
作業が捗ります。
都合が付けば一週間程度、居座って作業したいくらい。
温泉入って渋滞時間を避けてユックリ帰りました。


# by bow-wows-fam | 2018-11-29 01:47

作業日誌 その27

今回は8月17日、18日の一泊2日。
桜1本、パトロールの新入隊員B.Ginn(ビギン)の故郷
埼玉県飯能名栗の紅葉を8本持参。
紅葉は、現地にも自生してますが幼木は篠竹に混じって自生しているので
選別していると時間を要すので一緒に刈払ってます。
f0202458_14440267.jpg
今回も生えてる謎のキノコ。
f0202458_14444336.jpg
f0202458_14450478.jpg
f0202458_14212338.jpg
ここから(水路AとBが交わる処)作業始めます。
f0202458_16330046.jpg
水路Bに沿って図の矢印方向に際を3~4m程度の幅で刈払って行きます。
f0202458_16342561.jpg
上の画像のアフター画像。
画像下部が水路左に水路
f0202458_16340159.jpg
敷地(い)側ポイントから水路の対岸(あ)側の画像
(あ)は、全くの手付かず
目視の限りでは篠竹より葉の広い熊笹が多く観えます
f0202458_16370949.jpg
丈2mオーバーの篠竹の群生。
こんな状態の処を刈払っての作業。
f0202458_16360398.jpg
ポイントから方向の作業後画像
f0202458_16364059.jpg
振り返って方向を観てます。
f0202458_16412509.jpg
処々に、こんな感じで刈払った篠竹等(細い雑木含む)を集積しながら進みます。
f0202458_16380387.jpg
途中、ツル(蔓)に巻かれたままですと枯れてしまうので
地表部でツルを切断。
f0202458_16382067.jpg
f0202458_16384967.jpg
地表部でツルを切断して巻きついた部分を幹より剥がしてあげます
f0202458_16391070.jpg
食い込んだツルを剥いであげます。
根元で切断して地表部のツルを枯らせます。


動画
概略図の赤線部分(刈払った篠竹等の集積を済ませた範囲)



動画
敷地(い)から(あ)を収めてます
f0202458_16395664.jpg
ポイントの刈払い直後
f0202458_16401477.jpg
刈払った篠竹等を集積後
f0202458_16404779.jpg
水路Bも流れが良く視認できるようになりました。
水路Aよりも水量も多く幾つかの溜まりで小型ですが魚影も確認
岩魚?...
f0202458_14462777.jpg
2日目の作業を14:30で切上げ、
来月Wan友とのキャンプに備えウッドキャンドルを造ってみた
f0202458_14464423.jpg
玉切りした幹を固定できないのでチェーンソーの引き込みに
斬り始めにチョッとコツが必要
f0202458_14465400.jpg
完成です。
結構、満足の仕上がり(笑
2本造って今回の作業終了。
前回は湿度が高く大汗の2日間でしたが今回は、カラッとした快晴で
夜間は肌寒くスエット着てて丁度いい感じ。
秋が近いかも?

 

 

# by bow-wows-fam | 2018-08-22 14:56 | アウトドア

作業日誌 その26

7月14-15日で現地入り。
初日は、桜の苗木の移植から。
こんな廃別荘地に時偶、現れ植樹の苗木を引き抜く正体不明の御仁も居ますが
メゲずに作業致します。(笑
f0202458_00474574.jpg
お次は、お友達からのリクエスト(キャンプ時に薪の小割用の台に使用)で
切り株の調達。
伐採して略2年超、放置してたので地面に接地している殆どの幹は
表皮に水分が浸透して、得体の知れないキノコの菌と
虫食いが進んでたので、地表から浮いている此方をチョイス。
f0202458_00484498.jpg
株元をカットして30㎝程度の長さで二本。
f0202458_00485926.jpg
f0202458_00491842.jpg
急遽、調達してきたダイソーの鎌で表皮を剥離。
地表から浮いてた、この幹でも虫食いあります。
f0202458_00482890.jpg
初日の午後から2日目は水路を挟んで対岸敷地の
篠竹を刈り払い(赤色斜線部分)。
の部分は前回作業、
今回は、③。
の部分は水路際より結構な上り勾配(頭頂部はチョッとした丘状)。
の部分、丘の上から水路へ向かって下りで
の部分は水路に沿って略、平坦
f0202458_10155279.jpg
作業箇所②の部分
略、3m程度の幅で通路状に刈り払い。
刈り払った篠竹と幹径5㎝未満程の細木を
脇に集荷しながらの作業でチョッと大変。
(1~2m程度刈って脇に集荷の繰り返し)



作業箇所③の部分
水路際をこちらも略、3m程度の幅で刈り払い。



夏場の作業は体力的にキツイねッ。
でも、篠竹は夏場に刈るのが効果大と聞いてるので
これからもコツ、コツ励みます。
二日目は15:00作業終了。





# by bow-wows-fam | 2018-07-24 00:46 | アウトドア