作業日誌 その18

関東地方は晴天、北関東の山沿いで午前中降雪の予報。
28日、郵便局に事前TELして路面の積雪は無く日中は夏タイヤで大丈夫とのこと。
初めて12月(29、30の1泊2日)に現地入り
4:00に出てきたので「那須高原SA」のETCの出口を出たのが6:50、
3時間弱で今年、最短。
『大谷交差点』へ向かう町道は路面凍結。
夏タイヤのままなので4WDにロックして30㎞程度で走行。
f0202458_22011944.jpg
あれれッ、少し標高が上がっただけなのに粉雪被ってる。
とホホな事にならなければいいけど.....
f0202458_22015637.jpg
現地入口の牧草地の朝日。
f0202458_22022958.jpg
県道を曲がり車両の通行がメッキリ少ない舗装町道。
左右は牧草地、此処からの那須岳の眺望は抜群
f0202458_22021391.jpg
800m程、未舗装町道を入ってきて現地。
画像では判別できませんがチラホラ粉雪が舞ってます。
f0202458_22024131.jpg
f0202458_22025397.jpg
7:05現地着。
f0202458_22053705.jpg
外気温-3℃
f0202458_22052119.jpg
今回の目的は切り倒したままの、この幹の始末。
洞になっている中に「にほんミツバチ」の巣があるので
活動してない頃に巣の部分を確認して切詰め他へ移動しようと...
f0202458_22060735.jpg
傾斜の土手状部分に切り倒したので洞の中を覗きやすいように細い幹をテコ代わりに下方を持ち上げてます。
f0202458_22070995.jpg
株元側から覗いても巣が確認できない。
取り敢えず2/3程度の長さの処で切断してみました。
切り口から大量の液体が出てきました。
どうやら、傾斜の上端だった幹元から雨水が入ってしまった様子。
f0202458_22074796.jpg
f0202458_22081106.jpg
f0202458_22083424.jpg
こちらが幹元側。
巣は確認できないです。
f0202458_22090210.jpg
切断側(幹の上方で傾斜の下側になっていた部分)
巣が長期間、雨水に浸っていた様です。
ザンネンなことになってました。
海綿みたいになった巣です。
画像右の黒い物は幼虫の死骸。
f0202458_22092360.jpg
夏場に幹に噛まれ残置したチェーンソーが持ち去らわれたのに続いて
今回は、故意に刃物で境界石を結んで張り渡しておいたロープを切断した方が...
こういうコトをやらかす低俗な方が此処いらに居るのは、これまたザンネン!!
f0202458_22100298.jpg
切断された2ヵ所を繋いで再度、張り直しておきます。
こんな悪戯みたいなコトが続く様なら警察に被害届でも出そうかと...
f0202458_22103338.jpg
f0202458_22105686.jpg
ミツバチの巣の移動はザンネンな結果になりましたが
折角来たので残ってた切り株の切断(7本程)と篠竹の刈込等をやります。
f0202458_22113257.jpg
この株は、腰掛に。
f0202458_22150371.jpg
f0202458_22120304.jpg
これは、邪魔になる周囲の幹を切り分けて移動して...
結構、重労働で作業中は寒さも感じず。
f0202458_22124026.jpg

f0202458_22183678.jpg
f0202458_22190116.jpg
f0202458_22192679.jpg
f0202458_22194808.jpg
f0202458_22130467.jpg
f0202458_22203029.jpg
こちらは、2股に斜めに生えていた幹の切断跡の張り出しているを部分を整形。
f0202458_22212225.jpg
f0202458_22134378.jpg
f0202458_22153009.jpg
f0202458_22143039.jpg
f0202458_22165747.jpg
これもユンボの想定走行路から外れるので腰掛に決定。
f0202458_22214749.jpg
f0202458_22470466.jpg
枝掛りで未到の幹、低い位置で寝ているので切詰めます。
f0202458_22480383.jpg
刃が噛まれやすいので慎重に作業。
f0202458_22482750.jpg
同じカットを逆側から。
f0202458_22485373.jpg
枝先は未処理でこのままに...
f0202458_22491592.jpg
分かりずらいですが細い木立や篠竹の刈払いを
f0202458_22494640.jpg
この部分は棘のある(野バラ?)直径5㎜ほどの細木。
この棘が刺さって結構、痛いのです。
f0202458_22500846.jpg
f0202458_22503871.jpg
f0202458_22510693.jpg
f0202458_22513388.jpg
f0202458_22515079.jpg
f0202458_22521418.jpg
初日は15:20にて終了。
チェーンソーと刈払い機の手入れを小一時間して
毎度の『おだぎりガーデン』さんへ。
フロラシオンの温泉に入って
場内のBarにて小田切さんとコーヒーを飲みながら雑談して就寝。
2日目
8:20起床
小田切さんにコーヒーをご馳走になって現地へ
マウントジーンズも降雪機でゲレンデ造って開場している様子。
山に雪がありません。
f0202458_22585436.jpg
f0202458_23030695.jpg
本日は、上々の天気。
外気は冷たいけど作業するには支障なし。
敷地の手前堺の幹と篠竹の始末。
f0202458_23045888.jpg
f0202458_23052226.jpg
f0202458_23054605.jpg
f0202458_23061729.jpg
幹先が水路を跨いでいるヤツ。
先端の枝葉部分は既に処理済み。
f0202458_23064210.jpg
f0202458_23070236.jpg
水路に掛かっている部分を切断
f0202458_23072168.jpg
更に2分割してどうにか担げる重さにして左手の水路際に移動。
f0202458_23074415.jpg
町道側の幹の処理後。
f0202458_23080717.jpg
f0202458_23082559.jpg
湿地部分との境辺りの作業後
f0202458_23084630.jpg
湿地部分の全景。
切り倒したままの幹が枯れた雑草に隠されているので土手際の篠竹を刈払ってスッキリ見えます。
f0202458_23090555.jpg
右の緑の塊は隣地の篠竹。
敷地内も当初は全体が篠竹が密生してたことを思うと18回の作業が偲ばれます。
f0202458_23092415.jpg
f0202458_23094563.jpg
f0202458_23100004.jpg
f0202458_23102108.jpg
移動できる枝先や小割にした幹は
こんな感じに数か所に集積してます。
f0202458_23103772.jpg
今回で、株元の処理は全て完了。
次回(たぶん、年明け3月下旬)からは枝掛で未到の幹と切り倒したままの幹の始末に入ります。
f0202458_23105993.jpg
2日目、14:30終了。
機材の手入れをして、本年の作業も終了。
3月からコンスタントに月一で通った成果に満足。
温泉入って帰ります。





























[PR]
by bow-wows-fam | 2015-12-31 14:25 | Comments(0)
<< 作業日誌 その19 作業日誌 その17 >>